虹いろ薬局

ブログ

健康づくりのための睡眠ガイド(2024年04月03日)

こんにちは

今回は『睡眠』をテーマにお話しさせて頂きます

 

「睡眠による休養を十分に取れない人」が増えていることを踏まえ

厚生労働省の検討会は、世代別の睡眠時間の目安や、

良質な睡眠を取るために推奨される取り組みなどを示した

「健康づくりのための睡眠ガイド2023」を策定しました。

 

世代を成人と子ども、高齢者の3つに分け、

このうち成人については推奨する睡眠時間は6時間以上を目安としています。

また、子どもについては、小学生は9時間から12時間、

中学生・高校生は8時間から10時間確保することを推奨しています。

一方、高齢者は寝床にいる時間が8時間以上にならないよう求めています。

 

この中で、成人と高齢者は、目覚めた時に体が休まったと感じる

「睡眠休養感」が重視されています

「睡眠休養感」を高める対策としては、日中にできるだけ日光を浴びること、

しっかり朝食を摂ること、適度な運動習慣を身につけること、

就寝直前の食事・飲酒・喫煙・カフェイン・スマホは控えること

寝室はなるべく暗くして寝ること…など習慣の改善があげられています

 

一方、子どもについては、睡眠時間が不足すると肥満のリスクが高くなったり、

学業成績が低下したという報告があり、

対策として朝は太陽の光を浴びて、朝食をしっかり摂り、

日中は運動をして、夜更かしや朝寝坊が習慣化しないことが推奨されています

 

睡眠不足は、心臓病や脳の病気、うつ病のリスクが高くなるという報告があります。

生活習慣の改善などを試しても、眠れないことで生活に支障が続いている場合は

一度、かかりつけ医に相談してみて下さい

最新記事

カレンダー

  • 2024年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 過去の記事

  • page top