虹いろ薬局

ブログ

機能性表示食品とは?(2024年06月05日)

画像1 

参考画像:消費者庁「機能性表示食品って何?」

 

機能性表示食品とは、「おなかの調子を整えます」

「脂肪の吸収をおだやかにします」など、

特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という

食品の機能性を表示することができる食品です

疾病に罹患していない方(未成年者、妊産婦(妊娠を計画している方を含む。)

及び授乳婦を除く。)を対象にしています。

事業者が自らの責任で、商品パッケージの表示内容や、

安全性及び機能性の根拠に関する情報、

健康被害の情報収集体制など、必要な情報を販売前に消費者庁へ届出るもので、

特定保健用食品(トクホ)とは違い、

消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

 

小林製薬の紅麹原料を含む機能性表示食品を摂取した人から

腎障害を含む健康被害が相次いで報告され、大きなニュースになっています。

消費者庁は機能性表示食品制度の見直しに向け、

専門家による検討会の設置を決めており、

制度改善の方向性をまとめる方針だそうです。

 

健康食品は薬とは異なり、副作用がないと思われがちですが、

実は様々な健康障害を引き起こすことがあります

一時的な下痢や湿疹など軽症のものが多いですが、

中には命に関わるような重症のものもみられます。

体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、

医療機関を受診しましょう

 

マイナ保険証について(2024年05月31日)

こんにちは!

虹いろ薬局本店です

今年の12月から現行の保険証が

発行されなくなるという発表がされてしまいました

虹いろ薬局としては紙の保険証の廃止には反対であり、

今後の動向に注視していきたいです。

 

薬局ではマイナンバーカードをお持ちの方には、

受付時にこちらのカードリーダーに通していただくように

ご協力をお願いしています

カードリーダーは、薬局の受付横に置いてます

DSC_0055

 

 

虹いろ薬局では、医療DX推進体制を整備しており、

マイナンバーカードをお持ちいただき、医療DXを通じた

質の高い安全な医療の提供を目指しております

画像2

少し操作していただくことになりますが、

分からないことがあればお気軽にスタッフにお尋ねください

 

 

虹いろ号が新しくなりました!(2024年04月26日)

こんにちは虹いろ薬局本店です。

この度会社用の車、√画像をダウンロード iphone 虹 絵文字 200090-Iphone 虹 絵文字虹いろ号が新しくなりました!!

 

CIMG2921CIMG2923

 

 

ピカピカです。良く目立つカラーでいいですね

この車で患者さんにお薬を届けたり、在宅問訪をしたりしています

しばらくの間この車にはお世話になりますが、

心機一転でお仕事も頑張れそうですね。

ぶつけないように気を付けないとと内心ドキドキしています、、、

街で見かけた際は暖かく見守ってやってください

2024年の目標(2024年01月05日)

明けましておめでとうございます

皆様いかがお過ごしでしょうか、虹いろ薬局倉田店です。

 

今年は久し振りに初詣の予定を立てておりますが、

インフルエンザ等の流行が治まっておりません。

同じく人の多い場所に行かれるご予定の方は、

今まで通り予防対策をしっかり行いましょう

 

皆さま、今年の目標はもうたてられましたか?

わたしは、『今年の健康診断までに7キロ痩せる』を目標にしました

手始めに週3回の散歩、それとちょっぴりカロリー制限をしています。

最初から大幅な摂取カロリーの制限を始めると、

ストレスが溜まってしまうので徐々に初めています

まずは、ご飯をお茶碗5分の1に減らす、

お肉を一切れ減らすなど、ゆっくりと食べる量を減らしていきます。

うれしいご報告が出来るように頑張ります

新年明けましておめでとうございます(2024年01月05日)

新年あけましておめでとうございます sinnen

皆様におかれましては、心健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
また旧年中は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

2024年も更なるサービスの向上に努めて参ります。

本年もよろしくお願いいたします           協同プランニング職員一同

 

sinnen2

 

テレビなどでも報道され、ご存知の方も多いと思いますが、

今回は医薬品の供給不足についてお話いたします。

 

現在、せき止めや痰を切る薬、抗生物質、止血剤など幅広い種類の

医薬品の出荷が制限されたり、停止されたりしています。

きっかけとなったのは、ジェネリックメーカーの不祥事が発端でしたが、

出荷制限や停止が相次ぎ、長引いている原因は多岐にわたります。

政府がジェネリックの利用を推進する中、

製造能力が十分でない企業も参入したことや、

薬価(=国が定める薬の価格)が毎年下がり続けているため、

生産しても採算が合わず、製造をやめたり、

生産量を絞ったりする企業があること、

コロナが5類感染症に移行後、様々な感染症が流行し

供給が追い付いていないこと、などです。

 

特に鎮咳剤、いわゆる「せき止め」の不足が著しく、

1月以降の感染症の流行によっては、

在庫が極めて少ない状況になる可能性があります。

皆さまに十分お渡しできないこともあると思いますが、

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

カレンダー

  • 2024年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 過去の記事

  • page top