虹いろ薬局

ブログ

珈琲の効果(2024年02月05日)

 

コーヒーの健康効果とは?

 

仕事や家事の合間、食後のひとときなど、

コーヒーは皆さんにとって身近な飲み物かと思います

そんなコーヒーが、健康に役立つ効果があることはご存知ですか?

 

コーヒーは、コーヒー豆を乾燥させて

焙煎したものを粉砕し、お湯で抽出した飲み物です。

コーヒーに含まれるカフェインという成分は、

頭をすっきりさせて集中力を高める覚醒作用や

体内の老廃物の排出を促進させる利尿効果があります

 

またコーヒーには赤ワインに匹敵する量のポリフェノールも含まれています。

コーヒーに特に多く含まれるのは、

「クロロゲン酸」というポリフェノールです

ポリフェノールは、植物が持つ苦味や色素の成分で、

活性酸素などから体を守る抗酸化作用の強い成分です。

そのため、ポリフェノールは活性酸素が引き金となって起こる

がんや、動脈硬化、心筋梗塞などの生活習慣病の予防に効果があります

一般的にポリフェノール全般の抗酸化作用は摂取後約2時間でピークを迎え、

4時間ほどで消えていくといわれています。

一度に飲んでも抗酸化作用が一日中持続するわけではありません。

間隔をあけて飲んだ方が効果的なのです

 

コーヒーはたくさん飲めば飲むほど健康になれる、というものではありません

適量のコーヒー摂取量には個人差がありますが、

一般的には1日に約3〜4杯が目安と考えられます

過剰な摂取は、不眠や神経興奮、心拍数の上昇、胃腸の不調などを

引き起こす可能性があります。適度に美味しく頂きましょう

津山と珈琲(2024年02月05日)

こんにちは虹いろ薬局乙多見店です。

 

先日、津山の「城西浪漫館」(中島病院旧本館)に行きました

大正6年に建てられた、津山で最も古い病院建築です。

 

写真①

 

1階にあるカフェスペースは診察室として使用されていたそうですが、

とても落ち着いていて、素敵な空間でした

 

写真②

 

ここでは「珈琲」の漢字を考案した、

津山出身の蘭学者「宇田川榕菴(うだがわ ようあん)」にちなんだ

「榕菴珈琲」 が楽しめます☕

江戸時代ではコーヒーを「珈琲罐(かん)」で淹れていたそうです

「珈琲罐(かん)」とは、現代のコーヒーメーカーです。

 

見たことのないコーヒーの淹れ方に興味津々

写真④

写真③

 

幕末の珈琲を再現しているとの事なので、

少し飲みにくいコーヒーを想像していましたが、

すっきりとしていて、とても飲みやすかったです

 

静かで落ち着いた空間で、美味しいコーヒーを飲んで

とてもリラックスできました

 

カレンダー

  • 2024年2月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
  • 過去の記事

  • page top